太平桜2008 特別純米酒ひやおろし(2008/10/01)

CIMG2570.jpg

ひやおろしをご紹介するシリーズ第3弾。今回は地元福島県いわき市の酒蔵「太平桜酒造」です。

このお酒は2007(平成19年)酒造年度に原点に立ち戻って酒造りをした記念すべき元年のお酒です。1本の仕込タンクから季節によって生まれるさまざまな味わいを楽しんで頂こうというシリーズの中の1本でもあります。

このシリーズは、このお酒が第3弾目で「あらばしり」「中澄み」を今まで生で出しました。今回は原酒の1回火入になります。お酒のスペックは、五百万石100% 精米歩合55%の純米酒で袋吊りと槽掛けで搾ったお酒です。

お酒をスペックだけで判断は出来ませんが、酒質に大きく影響があることは間違いないです。それが好きかどうかはともかくとして。

お米の香りが前面に出ています。アルコール度数もちょっと高めのためそのままでお召し上がり頂くと若干アルコールが気になる方もいらっしゃると思います。そんな時はぜひ加水してお召し上がり下さい。酸と旨みのバランスもよくなりまろやかさも感じられるようになります。

今このお酒のお話をしている時に次年の事を書くのは変かもしれませんが、平成20酒造年度も大平さんに同じ企画のお酒を造ってもらう予定です。今回のお酒の出来具合からの反省点をいかしながら大平さんに頑張ってもらう予定です。もちろん今回も私もお手伝いをする予定でいます。

どうぞ皆さんのお力も貸して頂き、新しく生まれ変わっていく「太平桜」を応援してください。よろしくお願いいたします。

「太平桜2008 特別純米酒ひやおろし 原酒」 1.8L \2,500(税込) 
posted by sakeito | その他(日本酒)