ファルネーゼ チェラズオーロ ロゼ 2008(2009/03/28)

昨年も大好評でしたファルネーゼのロゼ2008ヴィンテージが入荷しました。今回はこのワインのご紹介です。

falnesechezuro.jpg

ロゼワインは、近年世界的に見直されてきているようです。これは地球温暖化にも関係しているのでしょうか。暑い日にやっぱり赤は重過ぎます。かといって白では物足りない。このような時にピッタリくるのがロゼだと思います。

ピンク色のロゼというと甘いと思われている方が多いですが、これは日本で最初に売り出された?コマーシャルされた?のが甘口のロゼが多かったことの影響のように思います。

しかし製法からも考えられるようにロゼは、決して甘口ばかりではなく世界的には甘くないものの方が多いくらいです。ぜひ一度の試してみてください。飲まずに嫌っているのはもったいないです。

ファルネーゼ モンテプルチアーノ ダブルッツォ チェラズオーロ2008は、昨年とはだいぶ印象が違います。今年は、より赤ワインに近い印象です。昨年の軽やかさはあまり感じずにしっかりとしたボディがあります。かといって赤ワインのよりも後口はさっぱりとしています。

5月から8月位に飲まれるとちょうど良いバランスになり、ロゼらしい良さが出てくると思います。フッレシュさはちょっとスポイルされますが今年はそれくらいがちょうど良いように感じます。

昨年よりもだいぶお買い得になりました。
750ml 1,100円(税込)
posted by sakeito | イタリア