越の華 蔵元紹介

koshino_01.jpg
越の華は、佐渡汽船乗り場近くにある生産量が1,200石ほどの小さな酒蔵です。仕込水は、山中よりを運び、蔵元、杜氏、蔵人それぞれ輪を持って手造りで造っています。

大正時代からの造りの建物が昔ながらの酒造りの伝統や趣きを感じさせます。
越の華酒蔵の信念は「滴々在心」。一滴一滴に心をこめてお酒を育ています。

出荷数は1,200石(本数は12万本)の小さな蔵で、ほとんどすべての工程が手造りです。

仕込み水は新潟県三川村にある阿賀野川系の「桂清水」(名水百選)を運んで使っています。この水はすっきりとしながら旨みのある名水です。

毎年、初心を忘れず蔵人たちが情熱をもって造る”越の華”のお酒をぜひご賞味ください。
手造りならではの味の輝きや感動がこのお酒にはあると思います。